自己破産Q&A

PCサイト
自己破産,Q&A

自己破産した後って、どんな不利益があるんですか?
自己破産をした場合は、マイホーム・土地は処分されるので、これらを持っている方は不利益を被ります。
以下のような不利益があります。 不利益や理不尽な差別を受ける事は一切ありません。
給料や、破産後に取得した財産や給料は処分されません。
官報に名前が載る。→官報に載っても何か不利益をくらう事はありません。 サラ金業者が官報を見て、勧誘のDMを送ってくるかもしれません。
財産が処分される場合は、処分の手続きの間は勝手に引越し・長期旅行ができない。
自己破産には、
①財産を処分する「管財手続」と、②処分するような財産がないので借金をチャラにして終わりの「同時廃止」の2種類があり、どちらになるかは破産者の資産状況から裁判所が判断するのですが、「管財手続」になった場合は、勝手に引越し・長期旅行はできません。
引越し・旅行できます。
→自己破産した後、数ヶ月間経過すると「免責許可の決定」を受けるのですが、職業などには就けません。

アコーディオンメニュー

お知らせ

債務整理試算システム

自分自身にフィットする借金解決方法がわからないという方は、先ずはお金が要らない債務整理試算システムを通じて、試算してみることをおすすめします。
料金が掛からない借金相談は、サイト上の問い合わせコーナーより行なうことができます。弁護士費用の支払いができるかどうか気掛かりな人も、十分にリーズナブルに応じておりますので、大丈夫ですよ。
契約終了日とされますのは、カード会社の事務担当が情報を改変した年月から5年間だそうです。結果として、債務整理を行なったとしても、5年さえ経過すれば、クレジットカードが使用できる可能性が高くなると想定されます。
裁判所にお願いするという面では、調停と違いがないと言えますが、個人再生と言いますのは、特定調停とは違っていて、法律に準じて債務を圧縮させる手続きだと言えるのです。
任意整理と申しますのは、裁判無用の「和解」となりますそんな意味から、任意整理の対象とする借り入れ金の範囲を好きなように取り決められ、通勤に必要な自動車のローンを除外することもできなくはないです。

債権者側は、債務者ないしは経験がほとんどない弁護士などには、人を見下すような感じで臨んでくるのが普通ですから、極力任意整理の実績が多くある弁護士を見つけることが、できるだけ負担の少ない結果に繋がるのだと確信します。
弁護士であるならば、初心者には無理な借り入れ金の整理手法、はたまた返済プランニングを提案するのも容易いことです。何よりも専門家に借金相談ができるというだけでも、気分的に軽くなると思います。
借金問題または債務整理などは、人には話しにくいものだし、一体全体誰に相談すべきかもはっきりしていないかもしれないですね。そのような場合は、信用のおける法理の専門家などに相談するほうが賢明です。
債務整理、ないしは過払い金などのような、お金に関係する面倒事を専門としています。借金相談の細かい情報については、当事務所運営中のホームページも参照してください。
債務整理直後の場合は、カードローン、ないしは消費者金融のキャッシングの使用はできないと考えてください。任意整理を実行した人も、概ね5年間はローン利用は無理ということになっています。

「自分の場合は返済も終了したから、関係ないだろう。」と決めつけている方も、実際に計算してみると想定外の過払い金が支払われるという時もあり得ます。
借金返済、もしくは多重債務で頭を悩ましている人に特化した情報サイトですよ。債務整理・任意整理の進め方だけに限らず、借金に伴う広範な注目題材をピックアップしています。
信用情報への登録に関しては、自己破産あるいは個人再生をしたという時に登録されるものじゃなく、ローンや借金の返済が遅れている時点で、間違いなく登録されていると考えて間違いないでしょう。
インターネット上の質問&回答ページをチェックすると、債務整理の進行中だというのにクレジットカードを新規に持てたという書き込みを目にすることがありますが、この件に関してはカード会社毎に変わってくると言って間違いないでしょうね。
個人再生を望んでいても、失敗する人も存在しています。当然ながら、種々の理由を想定することができますが、しっかりと準備しておくことが肝心ということは間違いないはずです。

サムネイルメニュー

頻繁に利用されている小規模個人再生につきましては…。

小規模個人再生

返済することができないのなら、それに見合った手を打つべきで、ただただ残債を手つかず状態にしておくのは、信用情報にも悪影響を及ぼしますから、実情に沿った債務整理により、きっぱりと借金解決をしなければなりません。
債務の縮減や返済の変更を法律の規定に従って行うという債務整理をしますと、それは信用情報に記録されることになるので、マイカーローンを組むのがほぼ不可能になると言えるのです。
平成21年に執り行われた裁判が元となり、過払い金の返金を求める返還請求が、借金をした人の「正当な権利」として認められるということで、世の中に広まりました。
消費者金融の債務整理につきましては、直接的に借り入れをした債務者ばかりか、保証人になってしまったが為にお金を返していた方に関しても、対象になるらしいです。
一応債務整理を活用して全額返済したところで、債務整理をしたという事実は信用情報に記録されますので、5年が過ぎるまではキャッシングであるとかローンを活用することは予想している以上に困難だとのことです。

債務整理直後であっても、自家用車のお求めはOKです。とは言っても、現金でのお求めということになり、ローンによって買い求めたいとおっしゃるなら、ここしばらくは待ってからということになります。
頻繁に利用されている小規模個人再生につきましては、債務累計の20%か、それが100万円以下ということならば、その額を3年という月日をかけて返済していくことが求められます。
あなた一人で借金問題について、頭を抱えたり暗くなったりすることはもう終わりにしましょう。弁護士や司法書士の知恵を頼りに、適切な債務整理をしてください。
債務整理を終えてから、標準的な生活が可能になるまでには、約5年は要すると言われていますので、その5年間我慢したら、多くの場合自家用車のローンも組むことができるだろうと思います。
弁護士と相談の上、私が行なった借金返済問題の解決方法は任意整理です。よく聞く債務整理ということになりますが、これにより借金問題が解消できたわけです。

債務整理をやった時は、それに関しては個人信用情報に記載されますから、債務整理をした人は、これまでとは違った会社でクレジットカードの発行を頼んでも、審査に通ることはありません。
法律事務所などに申し込んだ過払い金返還請求が原因で、ここ3~4年で色んな業者が倒産の憂き目にあい、全国各地に存在した消費者金融会社は毎年減少しているのです。
質の悪い貸金業者からの夜討ち朝駆けの電話や、多額の返済に思い悩んでいる人も少なくないでしょう。そういった方の苦悩を緩和してくれるのが「任意整理」なのです。
web上のFAQページをリサーチすると、債務整理にも拘らずクレジットカードを新たに作ることができたという報告が目に付くことがありますが、これに対してはカード会社毎に違うというのが正解です。
債務整理とか過払い金みたいな、お金に関係するもめごとの依頼を受け付けています。借金相談の詳細については、当弁護士事務所のホームページも参考にしてください。

お問い合わせはこちら
MENU